Prev:双剣[凛]フィギュアを手に入れてしまった。アーチャーのばかーん。
Next:オンライン表計算ソフトGoogle Spreadsheetsを使ってみた。

携帯でメール受信拒否をされたらどうなるのか ~ SoftBankMobile編

SoftBankMobile
Willcom編に引き続き、ソフトバンクモバイルの携帯電話でもメール受信拒否実験をしてみました。

参考:SoftBank 受信許可・拒否設定

オリジナルメール設定から拒否メールアドレスを設定して変更を保存します。

結果:
直後に拒否アドレスからメールを送りましたが、何ら反応は返ってきませんでした。
時間をあけてからまたメールしましたが、やはり反応なしでした。

Willcomと違って、受信拒否アドレスからのメールは破棄されるだけでエラーメールは返らないようです。
ちょっとつまらないw

本題とは関係ないですが、
Softbankのメール関係は「オリジナルメール設定」から設定することについて文句。
これってvodafone時代のシステムをそのまま使っているわけで、
MySoftbankとは別システムなので、別のパスワードが必要になってきます。
そんな手間をかけさせないで下さい。さっさとMySoftbankで統一して下さい。
(追記:携帯用MySoftBankからなら4桁の暗証番号で入れるけど、PC向け版は古いシステム)

さて、次は、友人の携帯電話で他キャリアの実験をしてみようと思います。
イツニナルカワカラナイケド…

add to hatena add to del.icio.us add to livedoor.clip add to POOKMARK Airlines add to Buzzurl add to newsing

投稿日時: 2007年1月28日 at 0:06:14
最終更新: 2007年7月1日 at 22:53:02
カテゴリー: 携帯電話
この記事のコメントRSS: RSS 2.0
トラックバックURL

Comments:

はじめまして。
まずは、こうした携帯の実験結果を載せてくださってありがとうございます。m(_ _)m
私は彼(ソフトバンク)と喧嘩後、何度かメールした後に急にエラーメール(相手先ホストの都合により送信できませんでした)が帰ってくるようになって、着信拒否かもとショックを受けていました。しかし、彼本人に電話して聞くと、滞納の結果(前もしたことあり)とのことを言われました。それでも、喧嘩後だったので不安でした。
ネット検索をするうち、受信拒否ではエラーメールが返ってくることはないということがこちらに書いてあったので、安心しました。
参考にさせていただき、本当にありがとうございました☆こうした、色々な実験は、受信拒否と早とちりしてショックを受ける方を救える(逆ももちろん然りですが…)ので、ホントに素晴らしい着眼点だと思いました。

めろんさん、はじめまして。
エラーメールが返ってくると、相手にも聞きにくいし不安ですよね。

拒否メールはそのまま無視されて、
滞納や解約によってメールアドレスが使えないと、エラーメールが返るようですね。

少しでもお役に立てて良かったです☆

私もまるっきり同じ体験を今しています(ノ_・。)
本当に安心しました(;_;)
エラー返ってきた瞬間混乱してしまい、ソフトバンクに質問してもエラーは拒否の場合も含まれているように書かれていました…。
本当にありがとうございます(>_<)

俺も余計なショックを受けずに済んだので助かりました。

検索しても上位にくるのは曖昧な内容(拒否メールなのか?拒否メールではないのか?)ばかりだったので、悶々としてました。

どうもありがとう。

まさに今、エラーメールが届いていて6日連絡が取れてない状態なので…

かなり安心しました(;;)

めろんさんのコメント見て、滞納が原因になるって見て心当たりがあったので・・・。

不安で死にそうだったけど、よかったです。

ありがとうございました・・・!!

気まずい関係になっていた人にメールしたらエラーが返ってきて
かなり凹みましたが、

かなーーーり安心しましたー!!!(;;)
本当いま泣きそうです…

ありがとうございました!!

Leave a Comment:





Some HTML code is allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
URIs must be fully qualified (eg: http://www.domainname.com) and all tags must be properly closed.