Prev:確定申告書類を期限ギリギリに郵送するときの注意点
Next:サーバ移転しました。

Bフレッツが開通した。Skypeが繋がらなくなった。

チラ裏で書いたとおり、Bフレ(VDSL)開通しました。
しばらく放置していたものの、今日ようやくメインマシンでモデム兼ルータ RV-230SE を初期設定。

インターネットは・・・繋がる。
だけど、Skype も MSNメッセ(Windows Live Messenger)もログインできない。

最初は、ルータのパケットフィルタリングのせいかと思ったけれど、plala のお節介なフィルタリングサービスのせいでした。

ぷらら ネットバリアベーシック

デフォで勝手にフィルタリングしてるってどうなのよ?
初心者さんだと「スカイプ使えない~」で終了ですよ。

それはそうと、RV-230SE は純正無線LANカードしか使えないようにしているらしく、無線LANルータを再導入せざるをえなくなりました。
明日、実家に余っているルータを奪いに逝ってきます(はぁと

この記事のタグ: add to hatena add to del.icio.us add to livedoor.clip add to POOKMARK Airlines add to Buzzurl add to newsing

投稿日時: 2008年3月21日 at 23:05:27
カテゴリー: インターネット
この記事のコメントRSS: RSS 2.0

Comments:

無線アクセスポイントのほうがいいのではないでしょうか?無線使うときのみ電源ONってどうですか?無線電波を一日中出しておくのはちょっと怖い・・・。最近の無線LANルータならスイッチだけで無線アクセスポイントになるのかな?

無線LANルータとはいっても、モデム兼ルータにぶら下げるだけのAPとして使うので、家に居ないときは電源OFFしますよ~。電力の無駄ですし、そのためのコンセントスイッチw

SSIDを隠してANY接続拒否、MACアドレス制限まですれば、まぁ大丈夫だろうと、引越し前はつけっぱなしでした。
ルータまで落とすと電話が通じなくなるので仕方ないです・・・

# 実は、Bフレ開通前から野良無線が拾える状況でした。暗号化・パスワード制限無しの電波垂れ流し・・・無知は怖い!!