Prev:Amazonギフト券の消費 - ベスト吹奏楽100
Next:AmazonでシレンDSを予約

ポストイットを使ったGTD

ポストイット
私はわざわざ「GTD」などと意識していないけれど、ポストイットを使ったToDo管理が似ているのでエントリーしてみます。 

念のためGTDの基本をおさらいすると、
ITmedia Biz.ID:はじめてのGTD

GTD実践のための5ステップ
この3つを具体的に実践していくには、次の次の5つのステップが必要です。これを毎週繰り返していくことでGTDは機能します。

1、収集 頭の中の「気になっていること」をすべて紙に書き出します
2、処理 書き出した事柄について、あるシステマチックなやり方にそって、しかるべきリストに仕分けしていきます
3、整理 作ったリストを、自分が使い慣れているツールに組み入れていきます
4、レビュー 自分が置かれている状況、持っているエネルギーを把握しつつ、今何ができるかをレビューします
5、実行 今できることの中からやるべきことを実行していきます

ポストイットを使ったToDo管理の方法は以下の通り。 

ITmedia Biz.ID:ポストイットを使ってアナログGTD

最近愛用しているのが、「Post-it Style Notes」である。これはポストイットをベースにしたミニノートで、普段はメモ帳と同じ感覚で使用したのち、はがして任意の場所に貼り付けることができる製品だ。
商談や打ち合わせの際はこれにメモをとり、席に戻ったらGTDに利用しているノートにペタリ、といったことが簡単に行える。わざわざ転記する必要がなくなるため、手間と時間をかけなくて済むようになるのは大きなメリットだ。「ToDoリストがノートとメモ帳のふたつに分離してしまい、大事な項目を見落とす」恐れも低くなるだろう。

ノートは資産と考えている私には、はがして捨ててしまうポストイットをノート代わりすることはできません。
ノートはノート、ToDoはToDoで分けて考えて、ポストイットを活用しています。
ToDoはどうせ一行で済むので、その都度書き出しても手間とは感じていません。

私のポストイットの使い方

  • 使うのは、75×25mmで、大き目のポストイット(3Mの付箋)
  • 胸ポケットに多機能ペン(Rotring 4in1改)と一緒に常備
  • 手帳にも厚くならない程度に、必要な所に貼っておく
  • 手帳のノート(A6サイズ)に、「今日のToDo」「一週間以内のToDo」「買うものリスト」などのページを作っておく。
  • 思いついたことやアイディア、ToDoなど、とにかくどんどんポストイットに書いていく
  • 手帳を開く機会があったら、該当ページに貼り付けていく
  • 時間の空いたときにポストイットを並び替えたりする(優先順位など、ルールは自由で)
  • 用事が終わったら捨てる。無理だと思ったものも捨てる
  • ノートのページがポストイットで埋まりそうになったら、すぐに出来ることはないかチェックして、ToDoを溜め込み過ぎないようにする
  • アイディアなど、内容を膨らませたくなったら別途ノートに書き出す。
    近いうちに実現させたい場合は、元のポストイットをノートからはみ出すように貼って目立たせる


ポストイットを中心に使っているとはいえ、時々ロディア(Rodia)に欲しいものを一気に書き出したりもしています。ロディアを使っちゃうあたり、一般人っぽいでしょ(笑)。ポストイットに書き出すと逆に処理が面倒なもの、例えば、100円ショップで買うものを書き出したりしています。
使っているロディアはNo.11No.8ですが、No.11については、残っているのを使い切ったらノートタイプのポストイットに切り替えるつもりです(ノートに貼り付けられないので面倒。小さいのでなくしやすい)。

普通の人に敬遠されがちなロディアNo.8の使い方について、そのうちエントリーしたいと思います。

add to hatena add to del.icio.us add to livedoor.clip add to POOKMARK Airlines add to Buzzurl add to newsing

投稿日時: 2006年11月29日 at 11:49:34
最終更新: 2006年11月29日 at 15:07:10
カテゴリー: LifeHack, usy個人。
この記事のコメントRSS: RSS 2.0
トラックバックURL

感想もツッコミも歓迎しますsmile
(初めてのコメント投稿は承認が必要となります)

Leave a Comment:





Some HTML code is allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
URIs must be fully qualified (eg: http://www.domainname.com) and all tags must be properly closed.