Prev:SHARP のノートパソコン、Mebius PC-CW50V の写真レビュー
Next:5万円以下の格安24インチ液晶モニター比較

「翌朝10時郵便」は便利でお得。

モーニング10
あまり知られていない翌朝10時郵便(モーニング10)ですが、
期限ギリギリの書類提出、しかも「午前中必着」と指定されていたときに初めて使いました。

日本郵便 モーニング10(翌朝10時郵便)

  • 定型・定形外郵便が対象
  • 「翌朝10時郵便」の赤い専用ラベルを使う
  • 追跡サービスも使える
  • 原則として、翌朝10時までに配達
  • 「速達 + 配達記録」 よりも安かったりするんだな


たとえば 100g 以下の定形外郵便を送るとして、
速達+配達記録にすると、620円 (定形外140円+速達270円+配達記録 210円)、
翌朝10時郵便にすると、470円 (料金表)、
と、150円も安くなるんですね。

他にも、速達+配達記録の代替手段としては、EXPACK500もありますが、
「信書不可」なので書類は一応避けています。
企業は普通に使ってるけどね・・・

気になるのは、どの地域なら翌朝10時までに配達されるんだ?ってところですが、
23区内同士であれば、前日の17時までに郵便局に持ち込めば大丈夫だと考えてください。
私は、日曜日の17時前に集配局のゆうゆう窓口(時間外窓口)に持ち込み、月曜の朝に配達してもらったことがあります。

いずれにせよ、翌朝10時までに配達されるには、何時までに持ち込めばいいかを事前に電話で問い合わせておくと良いです。

いや・・・むしろ・・・そんな締め切りギリギリまで書類作成をサボるな>自分

なお、ラベルは郵便物の重さに含まれませんので、
「重さがギリギリの時はラベルを貼らずに出してください~」ですって。
100グラム超えたのにわざわざラベル分の重さを引いてくれた郵便局員さんありがとう!

この記事のタグ: add to hatena add to del.icio.us add to livedoor.clip add to POOKMARK Airlines add to Buzzurl add to newsing

投稿日時: 2008年1月21日 at 14:01:28
最終更新: 2008年1月21日 at 14:01:28
カテゴリー: LifeHack
この記事のコメントRSS: RSS 2.0
トラックバックURL

Comments:

ところがどっこい、もっと遅くても大丈夫だったりします。
たとえば自分は昨日夜8時半に名古屋市から手紙を出し、今日朝10時前に東京23区内に到着しました!!
書類ぎりぎり作成の癖が抜けない…

Leave a Comment:





Some HTML code is allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
URIs must be fully qualified (eg: http://www.domainname.com) and all tags must be properly closed.