Prev:PowerEdge SC440をCore 2 Duoに換装
Next:Dell PowerEdge SC440 + Core2Duo E4300の消費電力

ペンタブレットBamboo MTE-450/K0を購入した

ワコムから18日に発売されたペンタブレット、Bamboo MTE-450/K0を注文しました。

私がBambooを購入したのはNTT-Xで、1000円引きの7,904円でした。
ポイントを含めた最安店は、現在13%のSofmapだと思います(7,812円)。

WACOM Bamboo MTE-450/K0

WACOM ビジネス/コンシューマ向け新モデル「Bamboo」をWindows Vista 向けに発売

Windows Vistaの登場により、従来のパソコン操作は大きく変化して新しい段階を迎えます。Windows Vistaはペン入力機能を標準搭載(Home Basicを除く)し、ペンタブレットによって以下のような操作が簡単にできます。

  • ビジネス文書やプレゼンテーションに手書きでメモを書き込む
  • 会議中にアイデアを書き留めたり、ペンで切り抜いた画像を貼り付ける
  • マウスの代わりにペンでポインティング、クリック、ドラッグ操作する
  • キーボードの代わりに手書き文字変換で入力する
  • ジェスチャーコマンドでパソコン操作する

これらの機能を使いこなすことで、パソコンを「仕事や日常生活での表現やコミュニケーションのツール」として、さらには、「新しい発想を生み出すツール」として利用できます。


今朝、今週の週刊アスキーを見て、製品紹介や試用レポートを目にしたんですが、
職場に着いてから「MTE-450/KO」を検索しても全然引っかからない罠(仕事汁

そりゃそうだ、MTE-450/KOじゃなくてMTE-450/K0だもの(’A`)

参考:usy moblog - ワコムのA5タブレット

ワコムサイトでMTE-450/K0だと知ってから再検索したものの、
一般人の使用レビューとかがほとんど見つからない。2chもダメ。

「ああ、これは買うしかないな」と見えない力に流されて、NTT-Xで買いました。

いいの・・・財布が緩いダメな子でいいの・・・

新生銀行の振込先登録口座に「エヌ.テイ.テイ レゾナント(カ」があってもいいの・・・

タブレットを使うためにVistaをインストールするような子でもいいの・・・

在庫はあるみたいだし、早く届かないかなーwktk

続き→ ペンタブレットBamboo MTE-450/K0を使ってみた

ワコムサイトにプチ感動

Wacom - プレス様向け画像ダウンロード

製品別に、ウェブ素材にしやすい綺麗な画像を提供してくれるのはありがたいですね。
他の企業もこういう地味な気遣いしてくれると嬉しいんだけどナァ。

参考リンク

ジョーシン 試用レポート ペンタブレット WACOM BAMBOO
CNET ワコム、A6ワイドのビジネス・コンシューマー向け新タブレッド「Bamboo」
PC WATCH ワコム、8,980円のVista向けペンタブレット「Bamboo」
PC WATCH ワコムのVista向け低価格ペンタブレット「Bamboo」を試す (5/30追加)

WACOM Bamboo MTE-450/K0
B000QGDZUA

この記事のタグ:, add to hatena add to del.icio.us add to livedoor.clip add to POOKMARK Airlines add to Buzzurl add to newsing

投稿日時: 2007年5月23日 at 15:23:10
最終更新: 2007年8月6日 at 13:49:11
カテゴリー: ハードウェア, 買ったもの
この記事のコメントRSS: RSS 2.0
トラックバックURL

Comments:

私は普通の営業マンですが、これを使うようになり私自身へのお客様と同僚の評価が高まりました。まず、Bambooを皆知らなく、何を使っているのかの説明から始まり、POWER POINTのプレゼンで、マークやハイライトを加えると、わかりやすいとほめられ、メールでは、手書きを入れることで印象度が高まり、最後に文章構成では、赤ペンがデジタルで入れれるようになり、アシスタントに感謝され最高です。営業マンパワーアップのお勧めできるツールです。

名前を変えてBambooを2回持ち上げられたので、
「ワコムの中の人乙」と定番に合わせて書いておきます。

なんか、広告文をまとめたようなステキツール紹介になっていますが、そこまでコンセプトに沿った使いこなしをされたらbambooも幸せなのだと思います。

Leave a Comment:





Some HTML code is allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
URIs must be fully qualified (eg: http://www.domainname.com) and all tags must be properly closed.