Prev:2007年2月に読んだ本の列挙
Next:「華麗ぱん」というカレーパンを食べさせた

PC電源 SKYTEC 魂の力作 CWT-500FMのコンデンサ写真

Meromパソコンに使おうと思っていた、準ファンレス電源のCWT-500FMです。
SKYTEC(スカイテック)製ですが、Antec Phantom 500のOEMと言われています(逆?)。

ファンをはずすとコンデンサが少し見えます。
SKYTEC 魂の力作 CWT-500FM
もう少し写真を見ていきましょう。

CWT-500FMコンデンサのアップ写真
SKYTEC 魂の力作 CWT-500FM

アップ写真の角度を変えて
SKYTEC 魂の力作 CWT-500FM

参考:Bjorn3d.com -Antec Phantom 350W PSU
Phantom 500ではなくてPhantom 350ですが、
入り口を見る限りでは、使われているコンデンサは同じようですね。

参考:コンデンサメーカー一覧サイト
Fuhjyyu

主に電源の2次側に使用される事が多いです。2次側はどうしても噴き
やすく、fuhjyyuの採用数が多いのでモッコリ報告も結構見受けられますが、
品質とメーカーは最悪最低というわけではないようです。

ようするに、ビミョー。ファンレスだと不安だよね。

Koshin

KEIANのKWIN-480PS+の1次側に載っていたそうです。HPには日本語の
ページもあります。HPを見る限り、その辺の怪しいメーカーよりはしっかり
している様ですが、実際の品質は報告も無いのでどうなのかわかりません。

またしても、ビミョー。

CWT-500FMの購入時はファンが取り付けられている状態です。
セミファンレス(準ファンレス)電源で、350W以上になるとファンが回り始めます。
cwt-500fm_fan.jpg

ファンをはずして、付属してきたアルミパネルで穴を塞ぎます。
SKYTEC 魂の力作 CWT-500FM ファンレス
ちなみに、Phantom 350と同様に、電源投入時には青く光ります・・・orz

参考:
Akiba2Go ファンの着脱でファンレス/準ファンレスを切り替え可能な電源「CWT-500FM」がSKYTECから発売開始!
Akiba PC Hotline ファンの着脱が可能な電源が発売、ファンレスでは350Wまで

# 某スレでPhantomをめぐって荒れていたのを傍観していたら、
# 張られたURLにPhantom350のコンデンサ写真が載っていたので、何となくエントリーしてみた。

この記事のタグ: add to hatena add to del.icio.us add to livedoor.clip add to POOKMARK Airlines add to Buzzurl add to newsing

投稿日時: 2007年3月2日 at 16:45:53
最終更新: 2007年4月25日 at 20:22:19
カテゴリー: レビュー・レポ, 自作パソコン
この記事のコメントRSS: RSS 2.0
トラックバックURL

感想もツッコミも歓迎しますsmile
(初めてのコメント投稿は承認が必要となります)

Leave a Comment:





Some HTML code is allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
URIs must be fully qualified (eg: http://www.domainname.com) and all tags must be properly closed.