Prev:デルサーバー PowerEdge SC440が届きました。
Next:写真で見るDELL PowerEdge SC440

写真で見るPowerEdge SC430・SC440比較

さてさて、誰も待っちゃいない、DELL PowerEdge SC430とSC440の比較写真だよ。

PowerEdge SC430とSC440
左がSC440、右がSC430です。
噂どおり、SC440は黒光りしていました。

SC440はCD-ROMなしで注文したから、5インチベイのカバーがないのかなぁと思っていたら、単に、ケース内部に脱落していただけでした(-o-;

その他の写真は↓

上から。後ろにあるのは作業中のMeromマシン。
sc440_sc430_top.JPG

後ろから。右がSC440です。微妙に改良されてますね。
PowerEdge SC430とSC440

SC430内部写真。色々といじった後なので、デフォルトではないですが。
PowerEdge SC430内部写真

SC440内部写真。電源ケーブルにカバーがついてきてチョット嬉しいw
光学ドライブなしで注文しても、IDEケーブルは付属するのでご安心を。
PowerEdge SC440内部写真

ケースの仕組みなどはSC430・SC440で同じです。
重量的にはSC440の方が軽く感じました。SC430は重かったんだなぁと実感w
動作音(ファン)はSC430の方が明らかに静かで、
SC440は軽いせいか、ビビリ音が発生しやすかったです。

以上、あまり意味がないSC430・SC440比較でした。

次の記事では、もう少しSC440の写真を載せます。

写真で見るDELL PowerEdge SC440

この記事のタグ:, , , , add to hatena add to del.icio.us add to livedoor.clip add to POOKMARK Airlines add to Buzzurl add to newsing

投稿日時: 2007年2月14日 at 12:35:48
最終更新: 2007年4月11日 at 12:02:12
カテゴリー: パソコン, レビュー・レポ
この記事のコメントRSS: RSS 2.0
トラックバックURL

Comments:

はじめまして。
私もビビリ音に悩まされております。
観察の結果、CPUファンからです。
どうしたものか、ご教示願えますでしょうか…

サイドパネルに鉛シートでもつけるってのはどうですか

観察の結果、CPUヒートシンクファンから発生しているようなのです。
サイドパネルとヒートシンクケースの間に、窓の隙間テープ用のゴムテープを貼ってみました。
でも、微妙にビビってます…
どうしたものでしょうか…

Leave a Comment:





Some HTML code is allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
URIs must be fully qualified (eg: http://www.domainname.com) and all tags must be properly closed.