早漏気味や旦那様のEDといったデリケートな問題も?

勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない 患者) 【用法・用量】 通常、成人には 1 日 1 回シルデナフィルとして25 mg~50 mgを性 行為の約 1 時間前に経口投与する。 高齢者(65歳以上)、肝障害のある患者及び重度の腎障害(Ccr< 30 mL/min)のある患者については、本剤の血漿中濃度が増加する ことが認められているので、25 mgを開始用量とすること。 1 日の投与は 1 回とし、投与間隔は24時間以上とすること。

【使用上の注意】 1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること) ⑴陰茎の構造上欠陥(屈曲、陰茎の線維化、Peyronie病等)のある 患者[性行為が困難であり痛みを伴う可能性がある。] ⑵持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨 髄腫、白血病等)のある患者 ⑶PDE5阻害薬又は他の勃起不全治療薬を投与中の患者[併用使用 に関する安全性は確立していない。] ⑷出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者[ニトロプルシドナトリウ ム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認めら れている。出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者に対する安全性 は確立していない。] ⑸高齢者(65歳以上)[高齢者では血漿中濃度が増加することが認 められているので、狼一号 低用量(25 mg)から投与を開始するなど慎 重に投与すること(「高齢者への投与」の項参照)。] ⑹重度の腎障害(Ccr<30 mL/min)のある患者[血漿中濃度が増 加することが認められているので、低用量(25 mg)から投与を 開始するなど慎重に投与すること。] ⑺肝障害のある患者[血漿中濃度が増加することが認められている ので、低用量(25 mg)から投与を開始するなど慎重に投与する こと。] ⑻α遮断剤を投与中の患者[「紅蜘蛛 相互作用」⑵の項参照。] ⑼チトクロームP450 3A4を阻害する薬剤を投与中の患者[本剤の 血漿中濃度が増加することが認められているので、低用量(25 mg)から投与を開始するなど慎重に投与すること(「相互作用」 ⑵の項参照)。] ⑽カルペリチドを狼一号 投与中の患者[「相互作用」⑵の項参照。] ⑾多系統萎縮症(Shy-Drager症候群等)のある患者[本剤の血管 拡張作用により、原疾患による低血圧を増悪させることがある。]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS